歴史

江戸時代の版元(本屋さん)とは

江戸時代の版元とは

蔦屋つたや重三郎じゅうざぶろうは江戸時代の版元でした。

と言われても、何してた人なのかよくわかんない!

という私みたいな人のために調べました。

「版元」とは

現代では「本屋さん」と言ったら「製本された本を売っているところ」であって、印刷所や出版社を思い浮かべる人はいないと思いますが、江戸時代の「本屋さん」というのは、本の企画から印刷、販売までをトータルで手掛ける場所でした。

また「印刷」と言っても、今みたいなコピー機はありませんから、職人さんが版木はんぎに原画を写したものを彫り、インクをつけて紙に転写していたんですね。

消しゴム判子って作ったことありますか?または学生時代に版画をやったことありますよね。

あんな感じです。

竹笹堂さんの木版印刷の動画がわかりやすく、緻密な作業に最後まで見入ってしまいました。

作品のオリジナルとなる版木を所有している問屋のことを「版元」と呼んでいました。

書物問屋と地本問屋

版元と呼ばれる問屋には、学術書を扱う「書物問屋」と、娯楽本を扱う「地本問屋」がありました。

書物問屋

儒学書、歴史書、医学書などの学術書を取り扱っており、このような本のことを「物之本」と呼んでいました。

地本問屋

洒落本、草双紙、狂歌本などの大衆本、また浮世絵版画などを出版していました。

江戸時代の地本とは&地本の種類【べらぼう/蔦屋重三郎】 江戸時代の地本(じほん)とは 蔦屋重三郎が江戸時代の有名な地本問屋だったのはわかりましたが、では「地本」って何なのさ~って...

蔦屋重三郎の「耕書堂」も地本問屋ですね。※「耕書堂」は書物問屋の『仲間』にも加入していました。

本ができるまでの流れ

  1. 作者の原稿を紙に清書する
  2. 清書したものを板に裏返しに貼る
  3. 墨の部分が浮き出るように周りを彫る
  4. 浮き出た部分に墨を塗る
  5. 印刷用の紙を乗せて、バレンで摺る
  6. 表紙屋で製本する

全部手作業なので想像するだけで大変そうですが、③は特に気が遠くなるような作業ですね…。特にページ数の多い文字だらけの本などは…本当に一文字一文字全部彫っていたの?!と倒れそうになります。

原本(版木)を保管するのもものすごく場所を取りそうです。

作者、彫り師、摺り師は対等な立場であったと言われています。

これらの職人たちをまとめ、売れそうな作者を発掘し、企画を立てて作品を完成させていたのが蔦屋重三郎というわけですね!

まとめ

江戸時代の本屋さん(版元)について調べました。

今みたいに、ボタンひとつで何枚もコピーできる機械が一般家庭にも普及していると蔦重が知ったら驚きそうですね。