歴史

蔦屋重三郎って誰?何をした人?【2025年大河ドラマ『べらぼう』の主人公】

横浜流星さん主演の2025年大河ドラマ『べらぼう~蔦重つたじゅう栄華えいが夢噺ゆめばなし~』が楽しみなので、主人公の蔦屋つたや 重三郎じゅうざぶろうについて調べてみました♪

蔦屋重三郎って誰?

蔦屋重三郎プロフィール

名前 蔦屋つたや 重三郎じゅうざぶろう
あだな つたじゅう
時代 江戸時代
生年月日 寛延3年1月7日
(1750年2月13日)
死没日 寛政9年5月6日
(1797年5月31日)
職業 本屋さん、プロデューサー

江戸時代後期のカリスマ本屋さんですね♪

江戸時代の版元(本屋さん)とは 江戸時代の版元とは 蔦屋つたや重三郎じゅうざぶろうは江戸時代の版元でした。 と言われても、何してた人なのかよくわかん...

蔦屋重三郎の生涯

  • 吉原の遊郭に勤めていた父親の元に生まれ、7歳で「蔦屋」という吉原の茶屋を営む喜多川氏の養子になる
  • 23歳の時に吉原で書店を開き、遊郭の案内書(吉原細見)を出版
  • 30歳で売れっ子作家の黄表紙(絵入りの小説)を出版し、徐々にビジネスを拡大
  • 波に乗り、洒落本や狂歌本でもヒット作を連発
  • 41歳の時に幕府の取締りにより財産の半分を没収されるが、その後もめげずに出版を続ける
  • 脚気で死亡。享年48歳

蔦屋重三郎が生きた時代

江戸時代は1603年~1868年まで。200年以上続いた天下泰平の世です。

その中でも蔦重が生きた1750年(寛延3年)~1797年(寛政9年)というのは町人文化が花開き、江戸も人口100万人を超える大都市となった頃。しかしだんだん経済が行き詰って幕府の財政が厳しくなっていった頃でもあるようです。

征夷大将軍でいうとこのあたり↓()は在任期間

9代 徳川家重(1745~1760)
10代 徳川家治(1760~1786)
11代 徳川家斉(1787~1837)

参考:江戸時代の征夷大将軍一覧

江戸時代の征夷大将軍一覧江戸時代の征夷大将軍一覧 ※()は在任期間 徳川家康いえやす(1603~1605) 江戸幕府を開いた 徳川秀忠ひでただ...

享保の改革を行ったことで有名な8代将軍徳川吉宗は蔦重が生まれる5年前に亡くなっているんですね。アラフォー世代の私にとっての佐藤栄作みたいな感じなのかな。大人はよく知っているけれど、誰それみたいな。(すごいどうでもいい情報)

蔦重の時代で私でも知っている権力者といえば田沼意次松平定信。もちろん蔦重の人生にも大きな影響を与えた人物です。

ちなみにだけど、世界はどんな感じだったのかというと、蔦重が生まれた1750年は音楽の父と呼ばれるバッハが亡くなった年であり、蔦重が亡くなった1797年は歌曲の王として知られるシューベルトが生まれた年でもあります。

蔦重と同時期に生きていた作曲家はモーツァルト(1756-1791)ですね。クラシック音楽が好きなのでつい作曲家を出してきてしまいました。

1789年にはフランス革命も起こっています。18世紀後半といえばイギリスでも産業革命が起こったりと、ヨーロッパは激動の時代だった模様。

日本は鎖国中(1639~1854年)でしたので、海外の情報(文化含む)が広く入って来ることはなく、そのために独自の文化が発展したといえます。

蔦屋重三郎は何をした人なのか

江戸時代の「本屋さん(版元)」「プロデューサー」と言われても、なんかピンとこなかった私。(本屋さんとプロデューサー業が結びつかない)

小説や漫画、イラストは今も人々の娯楽の一つですが、当時は今よりも娯楽の種類が少ない時代。風俗を描いた小説や人気役者の似顔絵(ブロマイド)は、想像するよりも凄い人気だったに違いありません。そういうものを作り出し(プロデュース)、世に出していたのが蔦重です。

人気絵師の作品はもちろん、有望そうな絵師をスカウトして育て浮世絵や錦絵を出版したり、洒落本や黄表紙と呼ばれる小説も刊行していました。

流行の最先端のお仕事、めっちゃ儲かるし楽しそうですね♪

でも、この頃の幕府は財政が逼迫しており、娯楽への取り締まりも厳しくなりました。蔦重が取り扱っていた出版物も摘発され、財産の半分を没収されてしまいます。

蔦重と関わりのあった絵師たち

喜多川きたがわ歌麿うたまろ

(1753年~1806年)

美人画を描かせたら右に出る者なしの天才絵師。
蔦重とは同世代で、ともに吉原連(狂歌を詠むために集まるサロン的なもの)に属していました。仕事仲間であり、友人でもあったのでしょうか。

『寛政三美人』

葛飾かつしか北斎ほくさい

(1760年~1849年)

世界的にも著名な浮世絵師。『冨嶽三十六景』はあまりにも有名。

蔦重が生きていた頃の北斎は「勝川春朗」という名前でした。阿部寛さんが蔦屋重三郎を演じた映画『HOKUSAI(2021)』では、少々問題児だった春朗の才能に目をつけた蔦重がその成長を見守る様子が描かれています。


『冨嶽三十六景』「神奈川沖浪裏」

東洲斎とうしゅうさい写楽しゃらく

生没年不詳

約10か月の短い期間に役者絵その他の作品を版行したのち、忽然と姿を消した謎の絵師

by Wikipedia

写楽の名前は知らなくても、この絵はどこかで見たことがあるはず↓


『三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛』

ね。なんかスマホケースとかにもなっているし。


人気の役者を美しく描いた絵がウケていたこの時代、写楽のこの独特な画風は世間一般にはあまり受け入れられなかったようです。

まとめ

江戸時代の版元・蔦屋重三郎についてまとめてみました。

随時加筆中。

知れば知るほど興味深いこの時代。